YouTuberになって分かったメリットとデメリット【幸せと不安】

YouTube ムラマコの歩み 副業・働き方

こんにちは、ムラマコです。

現在の僕は、YouTuberとブログの2本を本業として活動しています。YouTubeは軽い気持ちで始めたのですが、今では仕事も辞めてフルコミットしています。とは言えまだ安定的に収入を得ることは出来ていませんが、、、

今回は将来的にYouTuberになろうと考えている方向けに、YouTuberになって実感したメリットとデメリットをお伝えします。

目次

  • メリット①  好きな仕事で稼げる(ストレスが溜まらない)
  • メリット②  時間を気にしなくても良い(いつでも寝れる)
  • メリット③  収入の上限がない
  • デメリット① 収入が不安定(突然収益化が停まったりする) 
  • デメリット② クレジットカードやローンの審査が厳しい
  • デメリット③ 有名になるリスク

例を挙げるとたくさんあるのですが、3点にしました。

メリット①  好きな仕事で稼げる(ストレスが溜まらない)

YouTubeは好きなことで稼げる仕事です。ゲームをしたり雑談をしたり、スポーツをしたりと、自分の得意なことや楽しいことで稼げることができます。

特にストレスが溜まらない点は、とてもメリットだと考えています。会社員時代と今を比べると、収入こそは少なくなりましたが、幸福度で言えば圧倒的に後者です。

色んな事に挑戦してみたいという意欲が日々湧いています。

メリット② 時間を気にしなくても良い(いつでも寝れる)

これが最もメリットだと感じています。僕は7時間以上寝ないと頭が全く動きません。会社員時代は早寝をしていたのですが、残業が続くときや飲み会や接待がある日は全く寝れません。こうなると、次の日のパフォーマンスは最悪です。

睡眠不足は生産性だけでなく、精神的にも悪影響を及ぼします。仕事中にミスをするだけでなく、疲れやすいからかネガティブな感情になりやすかったです。

現在は1日8時間前後の睡眠をとっているのですが、上記のような現象はほぼ0になりました。集中力が保てるだけでなく、いわゆる「サザエさん症候群」にも陥らなくなりました。

結果的に曜日を気にすることなく仕事ができる体になりました。

メリット③ 収入の上限がない

YouTubeは、再生回数に応じて(他にもありますが)広告収益が発生します。また、再生回数は月ごとに変わってくるので、収益は波があります。

例えばですが、1月の月間総再生回数が50万回として、広告収入が0.2円の場合その月の収益は10万円です。2月はある動画がバズって月間総再生回数が200万回になったとします。そうなると、その月の収益は40万円です。

このような形で、バズった時はとんでもない額の収益が発生します。また、チャンネルが成長していくと、それに合わせて収入も増えていきます。

以前に「【チャンネル登録者数は関係ない?】YouTubeの収入事情を調べてみた」という記事を書いたのですが、チャンネル登録者数が1万人未満でも月に25万円を稼ぐことも可能です。

まずは動画をあげ続けることが大事ですが、人気YouTuberになるとサラリーマンの平均年収をひと月で稼ぐことも可能になります。

デメリット① 収入が不安定(突然収益化が停まったりする) 

ここまではとても夢があるような事を書きました。しかし、現実は思ってる以上に過酷です。まずデメリットの一つとして、YouTubeの収入はとても不安定だということです。

すでに登録者数が1,000人以上いれば問題はありませんが、そこに到達するまでは多くの人が挫折します。事実1,000人以上のチャンネルは、YouTube人口の15%しかいません。

さらに、収益化が成功したとしても、僕のように収益化が停止してしまったり、「オワコン化」による収入減少になってしまう可能性があります。

YouTubeだけで生活できる人は本当に一握りだけと言えますが、「それでもなりたい!」と考えている人は、ブログや動画編集の案件をこなすなど、複数からの収入が得れる状況にしていたほうが良いと言えます。

デメリット② クレジットカードやローンの審査が厳しい

クレジットカードがなければ何かと不便になります。ネットでの買い物ができなかったり、いちいちATMからお金を下ろしに行く手間が発生します。クレジットカード以外では、賃貸が借りれなかったり(保証人がいれば大丈夫です)ローンが通らなかったりです。

とにかく、Youtuberは社会的に見ると信用度は低いです。いくら稼ぎがあったとしても、次の月には0円になるリスクもあるので、貸す側からすれば信用ができません。

クレジットカードは先に作っておく、親に保証人になってもらうなど、何かしらの対策は考えなければいけません。

デメリット③ 有名になるリスク

これは有名人になれたらの話ですが、特定の人物からの嫌がらせや、ストーカーに会う被害が出てきます。よく有名人が外を出るときはマスクとサングラスをしていますが、街を気軽に歩くことも難しくなります。

HIKAKINさんも、過去に受けた迷惑行為をネタとして取り上げています。(下記)

https://www.youtube.com/watch?v=ens96m3A18U

もちろん顔出しをしなくても有名になる方法もあるので、YouTuberになるにはこのことも考慮していなければいけません。

まとめ

以上の事から、メリットとデメリットをお伝えしました。色々と考えることはあるかもしれませんが、今の時代YouTuberになる人はたくさんいます。

僕自身YouTubeはとても楽しくて、やりがいばかり感じています。もちろん不安になることもありますが、会社員時代を考えるとより一層頑張ろうという気持ちになります。

もしあなたが迷っているのであれば、気軽に始めてみてはいかがでしょうか。上記のことは、本気でやっていこうと考えた時まで気にしなくて大丈夫です。

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】