【2020年】YouTube攻略法【アルゴリズム対策・その他】

YouTube

こんにちは、ムラマコです。

僕はYouTubeで、「ランキングタイム!」(チャンネル登録者数1.68万人)と言うチャンネルを運営しています。

YouTuber歴はもうすぐ1年半です。

今回は、実際にチャンネル登録者数が増えるにあたって学んだことや、他のYouTuberが「なぜ伸びるのか」を分析した結果、知った「YouTubeを伸ばす手段」をお伝えしたいと思います。

目次

  1. YouTubeはアルゴリズムが存在する
  2. 効果的な対策は?【2020年時点】
  3. アナリティクスを活用しよう
  4. Google広告を使うのはありか
  5. 炎上商法も手段の一つ
  6. グレーなやり方はやめたほうがいい

1.YouTubeはアルゴリズムが存在する

まず、前提としてYouTubeにはアルゴリズム(システムの構成的な)があることを知って頂ければと思います。ここの仕組みをある程度理解できれば、YouTubeは攻略できます。

もちろん、理解ができただけでは意味がありません。YouTubeで最も重要なのは動画のクオリティーですが、仕組みを理解することで、よりチャンネルを成長させることができます。

これからお伝えする対策は、知っている方もいれば、知らない方もいます。初めて目にするものがあれば、是非今日から実践してみてください。

2.効果的な対策は?【2020年時点】

まず、なぜ効果があると言えるかですが、YouTube公式がこのような方法を行うと、動画は評価されるとアナウンスしているからです。(詳しくはクリエイターアカデミーをご覧ください)

また、下記の項目は、僕が実際に1年半で分かったことや、YouTube攻略に詳しい方を紹介しながらお伝えします。どの方も数万~10万人以上の登録者がいるので、信頼性はあるかと思います。

  1. タイトルと概要文に同じキーワードを入れる
  2. 投稿時間は17~20時ぐらいがベスト。決まった時間に投稿する
  3. 10分以上の動画を作る
  4. 毎日投稿を行う
  5. コメント数・評価数は評価される
  6. 平均再生時間40%以上を狙う

以上の6点を順番に解説します。ちなみにですが、個人的にチャンネルの設定をしっかりするのも評価されるのでは?と思っています。

※下に行くほど難易度はあがります。

1.タイトルと概要文に同じキーワードを入れる

上記画像を見れば分かるかと思います。タイトルと概要文の1行目に同じ文章を入れています。これをすることで、検索結果の上位に表示されやすくなります。(この場合、「YouTuber 登録者数 ランキング」と検索すれば、上の動画が上位表示されやすくなります。)

ちなみにですが、このやり方はブログ(検索エンジン)と共通しています。どちらもGoogleが運営していますので、対策方法は似ていますね。

2.投稿時間は17~20時ぐらいがベスト。決まった時間に投稿する

こちらは、酒井さんという方が詳しい説明をしていますので、是非ご覧頂ければと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=ZKOaRX2wsIM

酒井さんは、動画投稿の時間を早朝・正午・夕方・深夜と分けた実験を行いました。結果的に、最も伸びやすいのは18時(夕方)でした。

YouTubeのアナリティクスでは、動画を投稿してから数時間(4~6時間ぐらいと言われています)の伸び率で、評価が行われているのではと推測されています。

通常の動画より伸び率が高いと、アルゴリズム上で評価されます。(=おすすめされやすくなる)

要は、伸びやすい時間帯に動画を投稿すればOKということです。18時であれば、学校が終わって家でゴロゴロしている方や、仕事帰りの方もいます。そこからの4~6時間はYouTubeを見る人が多くなるので、伸び率も期待できます。(上記の動画を見れば分かりやすいかと思います)

また、決まった時間に投稿したほうが良いと言えます。こちらはアルゴリズム上で評価されるかは断定できませんが、登録者にとっては「毎日〇時に○○さんの動画が投稿される」と頭に埋めつけることができます。(公式も勧めていたので、もしかしたら評価されるかも)

決まった時間に投稿したいのであれば、予約投稿が行えますので、そちらを使いましょう。

3.10分以上の動画を作る

原因は分かりませんが、再生時間が長い動画は、お勧めされやすい傾向があるみたいです。極端な例になりますが、「10hour」と検索したので、一度ご覧いただければと思います。

これは再生時間が10時間もある動画ですが、1,000万回以上も再生されている動画がたくさんあります。

10分以上の動画だと、広告を複数貼れるメリットもありますが、アルゴリズムの観点で言えば、長いほど評価されるみたいです。(視聴者は見てくれるとは言えませんが)

YouTubeを見るときに意識していただければと思いますが、盲目的に無理やり10分以上の動画を作っている方もいます。

長い動画を作るだけでは意味がありません

4.毎日投稿を行う

こちらも断言はできませんが、毎日投稿がアルゴリズム上で評価されるのでは?と推測されています。

単純に、動画の本数が増えていくことでブラウジング(おすすめ)される数が増えるというのもあります。

ブログのAdSense審査攻略法の記事にも書きましたが、僕が評価する立場であれば、「毎日投稿して頑張っている人を評価しよう」と考えています。(アルゴリズムはシステムなのでシステム次第になりますが…)

5.コメント数・評価数は評価される

クリエイターアカデミーには、このような文章が何点か確認できます。

コメント数、共有数、どのようなテーマの動画が特に高評価と低評価を受けているか、どのソーシャル ネットワークがトラフィック ソースに含まれているか、といったデータと合わせて検討します。

https://creatoracademy.youtube.com/page/lesson/engagement-analytics?cid=analytics-series&hl=ja#strategies-zippy-link-4

YouTube運営側からすれば、できるだけ長い時間YouTubeに居てほしいという考えがあります。なので、評価の良い動画は、積極的におすすめされやすくなります。

また、再生回数が多くても、よく見ると低評価が多い動画もあります。このことから、高評価・低評価を一つの数値として見ているのでは、と推測ができます。要は、どちらも数が多ければいいということです。(コメントも然りです)

6.平均再生時間40%以上を狙う

これができれば、間違いなくチャンネルは伸びます。最も有力な攻略法と言えます。(その分難易度は高いですが)

こちらについては、ショウさんという方の動画を見れば分かりやすいかと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=6sQ6WGp-3Hw

簡単にまとめると、一つの動画に対して、視聴者がどれぐらいの時間(%)見ているのかが重要だということです。これについては、アナリティクス画面で確認することができます。

平均再生時間(%)が100%に近いほど、評価されます。=おすすめされやすくなる(目安は40%以上)

3.アナリティクスを活用しよう!

チャンネルの管理画面には、アナリティクスがあります。ここでは、どの動画が人気があるのか、インプレッション(おすすめ)はどれぐらいされているのかなどが確認できます。

上記画像の場合、初速がいまいちなことが分かります。その後は徐々に伸びています。

こんな感じで、「なぜ初速が悪いのか」「なぜこの動画が伸びたのか」「平均再生時間は?」と分析することで、今後作る動画のヒントを得ることができます。

4.Google広告を使うのはありか

Google広告を使えば、自分のチャンネルを宣伝することができます。

先に結論ですが、面白い企画の動画であれば効果はあると思いますが、それ以外はあまり効果がないと言えます。

詳しくはマナブさんの記事を見て頂ければと思います。

参考 【公開】YouTubeのチャンネル登録を「アドワーズ広告」で伸ばす方法

マナブさんの場合、150万円の予算で約700名のチャンネル登録者を獲得しました。

150万円!?」ってなりますよね。Google広告は目立つところに動画をおすすめ表示してくれるので、多くの視聴者が動画を見てくれます。

また、視聴回数が多い(1万回を超えたあたり)動画は、おすすめ表示されやすくなるとの説もあります。(あくまで推測ですが)

「そもそも面白い動画だったら、わざわざ広告をつけなくても、勝手に伸びるんじゃね?」と僕は思っています。

ただ、YouTuberになりたての頃って、どれだけ自信のある動画を出しても伸びないので、試しに広告を使ってみるのも一つの手だと言えます。(100円でもできます)

5.炎上商法も手段の一つ

これは、シバターさんが最も成功例と言えるのではないでしょうか。犯罪や差別などの炎上はNGですが(最悪チャンネルを削除されます)、物申す系であれば伸びやすい傾向があります。

最近では「遠藤チャンネル」が、話題になっています。この方は、炎上を繰り返してはチャンネルを伸ばし続けました。現在では登録者数が10万人を超え、人気チャンネルとなりました。

https://www.youtube.com/watch?v=IlZck97MuPU

炎上商法は、視聴者の関心を集めるだけでなく、評価やコメントも付きやすい傾向があるので、上記にある”コメント数・評価数は評価される“に当てはまります。

6.グレーな方法はやめたほうがいい

世の中には、グレーな手法でチャンネルを伸ばす方もいます。

  • 登録者・再生回数を購入
  • 収益化チャンネルの購入
  • 著作権違反
  • その他抜け道的なやり方

これらはGoogle AdSenseアカウントが凍結されるだけでなく、法的措置を取られる可能性もあります。

ニュース 動画投稿サイト「YouTube」を通じた違法アップロードを摘発

「YouTubeで収益を上げたいけど、まったく伸びない」と目がくらんで、グレーな方法に手を入れないようにしましょう。

参考 YouTubeの再生回数/登録者を買うのはNG?【需要はあるけど…】

以上で本文は終了です。最後までご覧いただきありがとうございます。

面白い動画を作ることも大切ですが、こういった裏側の対策も知っていれば、成功は近くなります。

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】