YouTubeの再生回数/登録者を買うのはNG?【需要はあるけど…】

YouTube

「YouTube始めたけど、収益化まで程遠いなー」

「登録者や再生回数を買うなんて方法があるみたいだけど、これって大丈夫なのかな?」

今回は、このような疑問がある方向けに、「YouTubeで再生回数/登録者を買うのはアリか?」をお伝えします。

目次

  1. 結論:YouTubeの再生回数/登録者を買うのはNG
  2. 「YouTube 再生回数 買う」で調べてみた
  3. 料金は?
  4. 宣伝する」という方法を考えよう

結論:YouTubeの再生回数/登録者を買うのはNG

まず結論ですが、NGです。バリバリYouTubeの利用規約に引っかかります。

インセンティブ スパム: 視聴回数、高評価、コメントなど YouTube のエンゲージメント指標を販売するコンテンツ。これには、チャンネル登録者数や視聴回数などの指標を増やすことだけを目的とするコンテンツも含まれます。

https://support.google.com/youtube/answer/2801973?hl=ja

コレがばれた場合どうなるのかですが、収益化はく奪やチャンネル削除、アドセンスアカウント利用停止などのペナルティーを受けます。

しかし、それでも売買を行っている人がいるのも事実です。なぜなら、規約に引っかからずに、水増しすることが可能だからです。(後述)

なぜばれないのかですが、下記2点があげられるため、不正を見つけることは難しいと言えます。

  • 実際に利用履歴のあるアカウントを使っている
  • 徐々に増やしていく

ただ、これを利用しようと考えている人に聞きたいのですが、登録者や再生回数を買った所で、あなたのコンテンツには魅力があるのでしょうか。

確かに一時的なメリットはあるかもしれませんが、所詮は付け焼き刃です。

「YouTube 再生回数 買う」で調べてみた

結論でNGということが分かりましたが、実際にどのような形で販売されているのか、調べてみました。(「YouTube 再生回数 買う」で検索)

たくさんのサイトが出てきました。

あるサイトには、「話題性を呼びたいアーティストの方向け」なんて謳い文句がありました。この文章から読み解くと、マイナーなアーティストチャンネルはこういったサイトを利用しているのでは?と推測できます。

また、YouTube以外に、Twitterのいいね/リプライ数や、Tik Tokの再生回数なんかも販売していました。

「このツイートをバズらせたい」「この曲をバズらせたい」なんて考えている方にとっては、まさにドラえもんのような存在です。

料金は?

実際に料金を調べてみました。「YouTube 再生回数 買う」と調べると、検索上位に出てくるサイトです。

このサイトだと、チャンネル登録者1,000人が15,840円で購入できます。

日本人か海外のどちらからかを選ぶことができます。

登録者数以外に、コメントや高評価の購入もありました。コメントや高評価が動画の評価に関わるのは事実です。

このように、増やせるものであれば、なんでも販売しています。

一つ気になるのは、登録者を買った所でその登録者たちは動画を見てくれるのかと言う所です。

宣伝する」という方法を考えよう

以上で本題は終わりますが、最後にチャンネルを「宣伝する」という方法を知って頂ければと思います。こちらは、NGではありません。

Google広告を使うと、あなたの動画を宣伝することができます。動画が始まる前や、関連動画に「広告」とついた動画を見たことはありませんか?

Google広告に一定の金額を支払うことで、特定のターゲット(年齢層や性別など)に向けた、宣伝を行うことができます。

ワンコインからでも始めることができるので、水増しに使うはずだった”数千円”で、広告を利用してみましょう。間違いなくこちらのほうが効果的です。

最後に

改めてお伝えしますが、再生回数や登録者を水増ししても、コンテンツに魅力がなければ意味はありません。仮に収益化ができたとしても、まずお金は稼げません。

「こんなに自信がある動画なのに、なんで伸びないんだ…」と思っているのであれば、Google広告を利用してみるのも手段かと言えます。

動画を一定時間見てくれるまでは、費用は掛かりません。また、見てくれる人がいることで、フィードバックももらえます。その時に答えが分かります。

目先の利益に拘らず、是非コンテンツに目を向けてみて下さい。

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】