自分のやりたい事って何?【見つけ方=行動すること】

副業・働き方

こんにちは、ムラマコです。

今の社会って、転職が当たり前だったり個人で稼ごうと考える人がたくさんいますよね。実は僕もその中の一人です。

そういう人達は、キャリアアップだったり収入を増やす、ブラックな環境から脱出する等が目的だと思います。ただ、僕の場合はそれらに当てはまりません。

当時学生だった頃の僕は、特にやりたい仕事が無く一番初めに内定が出た会社に行こうという気持ちで就活を行っていました。

その後、好景気に助けられてホワイト企業に入ることができたのですが、1年も経たずに転職しました。

当時は営業をやっていたのですが、客先や上司に怒られたり、乗り気でもない飲み会に出席したりと、「これがこの先も続くのか…」と感じながらも、「社会人は生活の為にこれらを我慢しているんだ」と、自己暗示をしていました。

まあ、結局は辞めてしまったんですけどね。

そんな気持ちを持ちながら、2社目に転職したのですが、やはりここでも同じような結果になりました。どうやら僕の中では「楽しく働きたい」「幸せに働きたい」という楽観的な思考があるみたいです。

2社目に入る前、次に転職を考えた時は、もう転職をせずに自分の力で稼ぐことにシフトしようという考えを持っていました。

おそらく次に良い所に入れたとしても、長くは続かないだろうなと言う予想ができました。思い返せば学生時代もバイトを転々としており、辞める理由は”飽きた”だけです。これを社会人でも繰り返してしまうと、時間を無駄にするだけでなく、収入にも影響が出てしまうと危機感を抱いていました。

そこで2社目に入った時に初めて、「自分がやりたい仕事」について真面目に考えるようになりました。

当時はスキルも資格も経験もない人間だったのですが、それでも自分なりにできる仕事は何かないのかと考え続けました。

まず頭によぎったのが、趣味程度で始めていたYouTubeです。当時は休日が暇だったという理由で動画を作っていたので、「YouTuberとして頑張っていこう」なんて考えはありませんでした。

しかし、これ以外で出来ることが思い浮かばなかったので、「YouTubeで生活ができるぐらい稼いでやろう!」と決意しました。

それからはジャンルをころころと変えつつ、とにかく自分でもできそうだと思えることを挑戦し続けていきました。

結果的にYouTubeに本腰を入れて8か月過ぎぐらいで、結果が出始めるようになりました。このころから独立志向が高くなってきて、仕事を早く終わらせ、家に帰ったらYouTubeの生活を繰り返していました。

そして、今年の年明けに退職して現在のようにブログとYouTubeの生活を送るようになりました。

ブログを始めたのもほんの1か月前ですが、とても楽しく毎日書き続けています。

収入は社会人時代と比べると少なくなりました。ただ、今は友達と遊ぶよりYouTubeやブログを1本作ったほうが良いという考えになり、出費は食費ぐらいになりました。(後は本です。)

社会人時代と比べると、ストレスが一切なくなったので酒や消費をしてストレス発散をする行為がなくなりました。これは本当にメリットだと思います。

話はずれましたが、僕は運よく1年で自分のやりたい仕事を見つけることができました。周りは心配する声がほとんどですが、僕にはプライドがないので気にしていません。

もちろん不安になることもありますが、やりたくない仕事をずるずると続けて、精神を削っていくことはまっぴらごめんです。

自分がやりたい事=好きな仕事と僕は捉えていますが、好きな仕事であれば休日なんて関係なく何時間働いても何とも感じません。

まずは色んな事に挑戦をして、これなら自分でもできそうだと思える仕事が見つかれば、そこにシフトチェンジしていく感じでいいと思います。

僕と同じ悩みを抱えている人の力になれば幸いです。

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】