家でもできるYouTubeジャンル10選【公式もおすすめ】

YouTube 副業・働き方

YouTube Japanでは現在の社会情勢もあり、”#家で一緒にやってみよう”を勧めています。家の中でも、YouTuberと言う仕事ができます。

そこで、今回は家の中でもできるジャンル10選を紹介します。「外に出る機会が無くなってやることがない」「在宅でも副業はないのか」と考えている人は、是非YouTubeをやってみましょう!

家でもできるYouTubeジャンル10選

  1. 料理
  2. 食レポ
  3. ゲーム
  4. ストレッチ(ヨガ)
  5. 筋トレ
  6. おもちゃ
  7. ルーティーン
  8. セミナー形式
  9. ペット
  10. 雑談系

以上のジャンルを簡単に紹介していきます。

1.料理

料理はYouTubeの人気ジャンルの一つです。調理器具があると始めることができるので、「いつもの晩御飯料理」ぐらいの感じで始めてみましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=9Nq7hocMtfY

上の動画のように、顔や声がなくても動画が作れます。それにしても、めちゃくちゃおいしそう…

2.食レポ

こちらも人気のジャンルです。コンビニやスーパーで買った食品や、ご当地料理の食レポを行います。また、自分で料理したものを食レポする人もたくさんいます。

https://www.youtube.com/watch?v=tQLdUOCtd2Y

この動画は大食いジャンルに入りますが、サムネにもある通りコンビニにあるスイーツを食レポしています。

3.ゲーム

ゲーム実況もとても人気があるジャンルです。ゲーム機やスマホがあれば始めることができます。(キャプチャーボードがあればきれいに録画できます)

先日発売された、「どうぶつの森」の動画もとても人気があります。HIKAKINさんや水溜りボンドさんといった大物YouTuberも、実況動画を投稿しています。

https://www.youtube.com/watch?v=tM1eKXldWdk

マイクやソフトを購入しなくてはいけませんが、「どうぶつの森」のように、初心者でも始めやすいゲームはたくさんあります。

4.ストレッチ(ヨガ)

https://www.youtube.com/watch?v=-1M4wiFSaDQ

ストレッチやヨガは、自宅のスペースを利用して行います。「家でもできる健康法」として、人気があるジャンルです。

5.筋トレ

こちらもヨガと似たようなジャンルになります。

https://www.youtube.com/watch?v=qOiDlprXF2w

上の動画のように、家でもできる筋トレ方法を紹介したり、日記のように筋トレ動画をあげている方がいます。

6.おもちゃ

こちらは、子供向けのジャンルになります。

https://www.youtube.com/watch?v=DrsFPt1dnMk

日本一チャンネル登録者数が多いと噂される「キッズライン♡Kids Line」のように、おもちゃの動画は海外からの視聴者を集めることができます。

上の動画にあるように、様々なおもちゃを紹介しています。

7.ルーティーン

これは、1.2年前ぐらいから人気が出始めたジャンルです。朝起きてから寝るまでの日常(ルーティーン)を撮影する動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=5XnQH2ElZyg

上の動画のように、ルーティーンを後ろから撮影して、あとから声を入れるというスタイルが主流です。

8.セミナー形式

こちらは少し難易度が高いかもしれません。セミナー形式として授業をしたり、自己啓発を行ったりと言う感じです。台本を作れば話しやすいかと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=alzBtuGb0dI

この方はなんと中学生です。とても見えませんが、今の時代はこの年代でもYouTubeで活躍することができます。

9.ペット

ペットが家にいなければ撮影は出来ませんが、とても人気があるジャンルです。

https://www.youtube.com/watch?v=GOK23gec6R4

シンプルに癒されますよね。

10.雑談系

日常のことやトレンドなど、自分が考えていることを動画にします。これはセミナー形式と違って台本はいらないと思います。とにかく思うことを話して、後で編集と言った感じです。

https://www.youtube.com/watch?v=oLN_kEerVcg

人気が出ればlive配信を行って、直接視聴者とやり取りするのも面白いかと思います。

以上でおすすめジャンルの紹介は終わりです。これからYouTubeを始めようと思っている方の参考になれば幸いです。

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】