大学生の自分に伝えたい「学生のうちにやるべきこと」

副業・働き方

こんにちは、ムラマコです。

現在の僕は、大学卒業→社会人2年→フリーランスとして活動しています。

「今日はバイトに行って、帰ったらゲームだ」

「今は好景気だし、何も努力しなくても就職は出来るでしょ」

大学生時代の僕は、こんな考えでだらだらと過ごしていました。今、目の前に当時の僕がいたとしたら、「目を覚ませ馬鹿野郎!」と怒鳴っていると思います。

しかし、時すでに遅しです。

今回は、過去の自分に向けての記事を書いています。もし、現状僕と同じ状況にいる方がいれば、是非参考にしていただければと思います。

目次

  1. 学生時代だらだらと過ごすとどうなるのか
  2. 【学生のうちにやるべきこと その1】 読書
  3. 【学生のうちにやるべきこと その2】 海外に行く
  4. 【学生のうちにやるべきこと その3】 ネットビジネスを始める
  5. 【学生のうちにやるべきこと その4】 将来の事を考える

1.学生時代だらだらと過ごすとどうなるのか

結論から言うと、生きづらい生活になってしまうということです。

まずは、僕の経験談からお伝えします。

僕は、好景気にも助けられて、資格も経験もないままホワイトと呼べる企業に入社することができました。

とは言え、入社は出来てもどんどん仕事の出来なさが露呈していました。

まず、「考えること」が身についていなかったので、想定していなかったことやコミュニケーションにおいてうまく対応ができず、ミスを連発していました。

そして、だらだら=楽したいという思考になってしまっているので、面倒事は後回しにしてしまったり、仕事に積極的になれないという考えになってしまいます。

そのため、入社してしばらく経つと、優秀な同期と比べられたり、叱られる日々が続いていました。

「若いうちはミスするのが当たり前」なんて言いますが、僕のケースだとこれは当てはまらないと言えます。なぜなら、失敗しても”改善“という選択肢を持っていないからです。

これが、だらだらと過ごす結果です。このループにはまってしまうと、間違いなく将来生きづらい生活になります。

いきなり暗い話になりましたが、この未来を今のうちに変えることはできます。皆さんも将来の為に、是非以下の「すべきこと」を実践してみて下さい!

2.【学生のうちにやるべきこと その1】 読書

読書は、間違いなく今後の人生に役立ちます。

「なぜ、読書が将来の為になる?」と思う方がいると思います。当時の僕もそういう考えを持っていました。

もう一度お伝えしますが、読書は、人生観・価値観を変えることができると断言できます。

本の中には、自分の知らない知識や成功者の歴史、今の自分を見直すべきことが至る所に書いています。

なにより、僕は本を読むことで、「考える」という習慣を身に着けることができました。これは本当に大きいです。

「考える」ことができれば、コミュニケーションがうまくいくだけでなく、「自分はどう立ち回ったらいいか」「○○より○○のほうが自分にとってメリットがある」と自分にプラスとなる行動がとれるようになります。

読書が続かないという方もいると思います。そういった方は、DaiGoさんの「知識を操る超読書術」という本をおすすめします。これまで幾多の数の本を読んできたメンタリストのDaiGoさん直伝の読書法です。

もし、読書に苦手意識があるのであれば、YouTubeやブログを読むなんて手もあります。

https://www.youtube.com/watch?v=lNxGF93kGIQ

3.【学生のうちにやるべきこと その2】 海外に行く

海外の人の生活や、文化を知るということも大切です。

今の時代ってとても便利だと思います。海外に行かなくても、YouTubeで海外の生活や文化を見ることができます。

しかし、YouTubeで映している所って、見栄えがあるところだけです。やはり、現地に行くことで学べることもたくさんあります。

例えばですが、海外だと電車やバスが時間通りに来なかったり、店員が飲食しながら接客したり、道行く人と仲良くなれたり…こんな小さなことでも、日本では経験できないことがたくさんあります。

日本の価値観だけでなく、世界を知ることで「こんな生き方もあるんだな」と自分の価値観を刺激することができます。

ちなみにですが、東南アジアなんかは、15万円ぐらいあれば1ヶ月は生活できます。1ヶ月頑張ってバイトをすれば貯めれます。

4.【学生のうちにやるべきこと その3】 ネットビジネスを始める

ネットビジネスも始めるべきと言えます。

なぜなら、ネットビジネスはパソコンがあるだけで始めれる上に、ビジネス経験として就活時にプラスになるからです。

今やっているバイトは、将来に活かせることができるでしょうか。コンビニでレジを打つことが、どう仕事に活かせれるでしょうか。考えてみましょう。

代表的なネットビジネスは下記通りです。

  • YouTube
  • ブログ・アフィリエイト
  • せどり・転売
  • プログラミング
  • サイト運営…

他にも動画編集やライティング、シナリオライターなど探せばたくさんあります。

せどりのように初期費用がかかったり、プログラミングのように習得に時間がかかったりとありますが、学生時代ってほとんどの人が時間に余裕があると思います。

数か月数年間続けるだけでも価値はあると言えます。是非、挑戦して自分の”ネタ”にしてください。

5.【学生のうちにやるべきこと その4】 将来の事を考える

最後に、将来の事を真剣に考えてみて欲しいと思います。

「今、このままの生活を続けたら将来どうなるのか」「ムラマコのように、生きづらい生活になってしまうのではないか」「周りの友達じゃなくて、同年代で成功している人は、普段何をしているのだろう」

こんな感じで、できれば危機感を持っていただければと思います。人間って焦っている時に能力が開花するみたいなので。

とにかく、今をボーッと生きている人は「ヤバい」と思ってください。そして同時に、今から自分を変えることもできます。

上記に書いた3つを実践するのもありですし、周りの友達に「今将来の為に何かやっているの?」と聞いて知ることもありだと思います。

なにより、「自分は大丈夫だ」という考えは、捨てたほうが良いです。何度も言いますが、間違いなく将来生きづらくなります。

「バイト代が無くて、ご飯が食べられない」「準備してなくて、試験に失敗しそう」こういった「ヤバい」という気持ちが毎日続きます。

不安を煽るようで申し訳ないのですが、僕自身がこういった経験をしたので、お伝えさせていただきました。しかし、それに気づくことができれば、人生は豊かになるということも、はっきりお伝えしておきます。

・さいごに

以上で、”大学生の自分に伝えたい「学生のうちにやるべきこと」”の記事は終了です。今回は、過去の自分に向けて書いた記事なのですが、皆さんにも伝わることができたでしょうか。

これからの時代、安定して職に就けるのか分からない時代です。自分の力で飯が食っていけるようになれば、身も心も安心して人生を送ることができます。

「今はまだ大丈夫」なんて思わず、是非今日から実践してみて下さい。

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】