初心者がブログ開始1ヶ月でAdSense審査に合格した方法

ブログ

こんにちは、ムラマコです。

「ブログを始めたけど広告がつかない」「AdSenseの審査はどうやったら合格するのだろう」と言う方向けに、ブログ初心者の僕が運営開始1ヶ月で、AdSense審査に合格した方法をお伝えします。

まず、やってきたことは下記通りです。

  • 毎日投稿
  • 記事数は平均1,000~1,500文字以上
  • AdSense以外の広告を付けたり、アフィリエイトを行わない
  • プロフィールや問い合わせ、ポリシープライバシーのページを作る
  • 読者にとって有益になる記事を書く

以上の5つです。とにかく変にいじってしまうと影響が出ると思っていたので、申請してからは記事を書くことに集中していました。

ちなみにですが、AdSenseに申請をしたのは3月10日で、合格したのが4月2日です。約3週間かかりました。ネットの記事やTwitterを見ると、以前まではほとんどが2週間以内に通知が来ていたみたいなので、今回は社会情勢の影響があったのではと思います

話を本題に戻します。上記5つについて具体的に何をやったのかをお伝えします。

・毎日投稿

審査前も審査中も毎日投稿を続けました。たまに、「記事を数本書いただけで合格した」なんて報告がありますが、僕は毎日投稿のほうが有利だと思います。

そのようなサイトは、審査に合格する条件が揃っていたのかもしれませんが、それが自分に当てはまるとは言えないからです。ましてや、本気でブログで食べていこうと思っているのであれば、毎日投稿を続けるべきだと考えています。

とにかくぼくは、「毎日投稿が審査上評価される」との情報を頼りにしました。もし、自分が審査をする立場だったら、毎日投稿して頑張っている人を評価すると思います。

・記事数は平均1,000~1,500文字以上

これは、「AdSense 審査」と検索すれば、ほとんどのサイトで記載されている文章です。絶対にという訳はありませんが、おそらくこの文字数が基準になっているのだろうと思います。

また、記事を書く際は、無理やり文字数を稼ごうとはせず、思った通りの言葉を書き続けて、最後に添削を行う感じでやっていきました。中には1,000文字を超えない記事もありましたので、あくまで基準値として考えるべきだと言えます。

・AdSense以外の広告を付けたり、アフィリエイトを行わない

これもネット記事の情報ですが、審査より先にアフィリエイトや他社の広告を付けると、審査に悪影響が出ると知りました。

これについても絶対に影響が出るとは言えません。ただ、審査をするうえで、アフィリエイトや他社の広告も、記事のコンテンツの一つとしてみなされるみたいです。

その為、ポリシーに反する広告(性的な広告など)があると、それも審査の対象になるみたいです。

プロフィールや問い合わせ、ポリシープライバシーのページを作る

こちらはブログ運営での必須項目だと言えます。特に、プライバシーポリシーは必ずつけるべきだと言えます。

「プライバシーポリシーって何?」と思う方がいるかもしれません。噛み砕いていえば、「個人情報の取扱いやGoogleのルールに反しないことをはっきりと明記します」という感じです。

また、確証はありませんが、プライバシーポリシーを記載することで、SEOに良い影響を与えたという記事もあります。

ちなみにですが、問い合わせについては「Contact Form 7」(プラグイン)を、プライバシーポリシーについては「コピペで簡単!ワードプレスのプライバシーポリシー書き方と設置方法を紹介!2019年」というサイトを参考にしました。

・読者にとって有益になる情報を書く

これは確証があり、最も意識するべき内容だと言えます。なぜなら、Google公式も審査の条件として記載しているからです。

熱心なリピーターを獲得するうえで最も大事なのは、価値の高い独自のコンテンツを掲載することです。ユーザーにコンテンツを楽しんでもらえれば、共有を通じて他のユーザーにも評判が広がり、サイトの成長につながります。

https://support.google.com/adsense/answer/7299563

価値の高い独自のコンテンツと記載がある通り、読者にとって有益であり筆者の言葉で書かれた記事が評価されるということです。

また、芸能人のゴシップや日記のような記事は審査に通りにくいとの情報を目にします。これらは有益な情報があるかもしれませんが、独自性がなかったり広告を付ける意味がないのでは?と判断してしまうかもしれません。

僕のブログでは、経験や知識がないものの何とか頭を絞り出して有益だと思う記事を書き続けています。「○○を1年続けた結果」などの検証記事は、まさに独自のコンテンツだと言えます。なぜなら、そこには僕しか得られなかった失敗や気付きがあるからです。

もし、「何を書いたらいいのか分からない」と思う方がいれば、小さなことでもいいので自分の経験談を記事にすればいいかと思います。例えばですが、「僕はこうやって転職をした。転職は悩まなくてもいい」といった記事です。(転職経験があれば)

以上が、僕がAdSense審査に合格するためにやってきたことです。最後にもう一度おさらいです。

  • 毎日投稿
  • 記事数は平均1,000~1,500文字以上
  • AdSense以外の広告を付けたり、アフィリエイトを行わない
  • プロフィールや問い合わせ、ポリシープライバシーのページを作る
  • 読者にとって有益になる情報を書く

僕はブログ初心者なので、裏技やテクニックなどは知りません。ただ、色々と調べた上で、審査員の立場で見た時に評価されるだろうと思えることをやってきました。

この記事が、ブログの悩みを抱えている方の参考になれば幸いです。

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】