ホリエモンから学ぶ幸せな時間の使い方【自分の時間を犠牲にしていないか?】

副業・働き方

こんにちは、ムラマコです。

現在の僕は、フリーランスとして活動しています。24時間何かに縛られることなく、自由に生きています。

今回は「幸せな時間の使い方」について、ホリエモンから学んだ3つの学びを紹介します。

まず初めにですが、ホリエモンが人生で最も重視しているのは「時間」です。例えばですが、livedoor時代に会議中でも携帯をいじっているシーンがあります。(下記動画)

https://www.youtube.com/watch?v=ZzK9Drk7edw

3:32~実際に取引相手との会議中に携帯をいじっています。

この行為はただのマナー違反ではなく、ちゃんと意味があります。この意味も含め、本文では「幸せな時間の使い方」についてお伝えしたいと思います。

目次

  1. 日常に無駄な時間はないか
  2. 他人の為に自分の時間を犠牲にしていないか
  3. 幸せな時間の使い方って何だろう

1.日常に無駄な時間はないか

動画の答えは、タイトルにもある通り「無駄な時間を活用している」ということです。ホリエモンは会議中であっても、隙間(無駄な時間)があればメールや株価をチェックするなど、1秒でも無駄にできないという考えです。

日常には必ず無駄な時間が存在します。ぼーっとしている時間、スマホをいじっている時間、通勤・通学中の移動時間など枚挙にいとまがありません。

こういった時間を意識的に変えていかなければ、時間だけでなくビジネスチャンスを逃してしまいます。(株や仮想通貨を例にすると分かりやすいかと思います)

もちろん、休息の時間も必要です。「ウサギとカメさん」のように、”高速”を意識するカメさんと、”マイペース”を意識するカメさんでは、カメさんのやりかたが作業効率が良いとの学術もあります。

要は、時間の使い方は様々であっても、「無駄なこと」だけはしないほうが良いということです。

こういった隙間時間に、ビジネスを考えたり読書ができたりと自分にプラスとなることができるのです。(僕の場合、ブログ記事やYouTubeの次のネタを考えて、メモしています。)

さて、皆さんの日常には、無駄な時間が潜んでいないでしょうか。スマホで時間つぶしをしていないでしょうか。その時間を使ってブログを書いてみませんか?隙間時間がお金を生むかもしれませんよ。

2.他人の為に自分の時間を犠牲にしていないか

皆さんは”自分の時間”と聞いて、どういう時が”自分の時間”だと思いますか?

おそらくですが、学校や仕事が終わった後の自由な時間や、休日を思い浮かべるのではと思います。

まさにその通りだと思いますが、逆に考えて欲しいのですが、自由な時間って一日にどれぐらいありますか。例えばですが、20時に退社して23時過ぎに寝る生活だと、自由な時間は3時間だけです。(帰宅時間や食事などを含めるとちょっとだけです)

これは、僕の社会人時代の実例です。ひどい時は、22時退社で23時半には寝る時期もありました。

社会人時代の僕は「会社」という存在に自分の時間を奪われていました。当時は営業をしていたのですが、誰も達成できないノルマを掲げれられ、一日でも早く終わらせようと日々残業の繰り返しでした。

また、休日もほぼ強制的に社内行事に出席しないといけないことがあったので、「こんなことで時間(人生)を棒に振りたくない」と思い、1年も経たずに退職しました。

僕の場合「会社」と一括りにしましたが、その中にも無駄は一杯あります。

皆さんの場合はどうでしょう。例えば、自分で調べたらわかる事を聞きに来る部下や、愚痴や世間話を話しかける友人や同僚に、自分の時間を犠牲にしていないでしょうか。

皆さんがそこに満足しているのであれば問題はありませんが、”1秒でも自分の時間を確保したい”のであれば、そういった時間は切り捨てるべきです。

早く仕事を終わらして、読書や新しいことに時間を使いましょう。

3.幸せな時間の使い方って何だろう

皆さんにとって、幸せを感じる時はどういった時ですか?おいしいものを食べている時や恋人と一緒にいる時、友人とドライブに行くときなど様々だと思います。

僕の場合、あったかい布団の中で2度寝をすることです。当時は休日にそれができたので、休日の朝が何よりも楽しみでした。

こういった幸せな時間を得るために、何かを犠牲にしています。お金を得るために、会社で仕事をするという例が分かりやすいかと思います。

もし、今やっている仕事に充実感があれば問題はないと思います。仕事もプライベートも充実していることは何よりだと思います。

ただ、社会人時代だった僕のように、長い時間を仕事に犠牲にして短い時間の幸せを得る人が多いのではと思います。

「生活の為」「社会人は我慢することが当たり前」などの考えがあると思いますが、僕にはそんなことで約40年間もムダにすることができるのか?と疑問に感じています。

そして、行き着いた先は「好きなことで稼ごう」でした。今僕がやっていいる仕事(ブログやYouTube)は、まさにそのような仕事です。何より、仕事上での人間関係がなくなった(あるとしても、同じような考えの人が集まる)ので、自分のペースで、ストレスなく仕事が行えています。

今では、毎日2度寝ができる状態(先に安定して稼ぐことが優先)ですが、間違いなく幸せに時間を使っています。

最後に

以上で「幸せな時間の使い方」についての記事は終了です。

実は、以前まではこんな考えはありませんでした。ただ、「何となくこうなりたいな」とふわふわしていた思考に、ある一冊の本を読むことで、思考を鮮明にすることができました。

もし、以前の僕と同じような心境を持っている方は、是非読んでいただければと思います。当時の僕にとっては、とても衝撃を受けた一冊でした。

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】