【ブログ】アクセス数は検索順位に影響する【データを公開します】

ブログ

こんにちは、ムラマコです。

もうすぐブロガー歴3か月になるひよっこブロガーです。

ブログを始めたばかりの方って、一日に数人~数十人訪れば良くて、誰にも読まれずに一日が終わるなんて人がいるかと思います。

安心してください、ブログの始めたては誰も伸びません。

公式も、ブログが伸び始めるのは4か月~1年後と公表しています。そこまでの間は、とにかく数字にとらわれずに記事を量産していきましょう。

成果が出るまで時間がかかることを忘れないでください。変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は 4 か月から 1 年かかります。

https://support.google.com/webmasters/answer/35291?hl=ja

さて、今回お伝えするのは、ブログが伸びる目安である4か月より以前に、「どうすれば検索上位を取れるのか」について、アクセス数が関わっているということを、実際のデータを基にお伝えします。

データから見る、アクセス数と検索上位

僕のブログでは、「SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方」という記事が、現時点で毎月1,000pvを稼いでくれています。それ以外は、80記事あって500pvぐらいです。(泣)

まあ、そちらは先の楽しみにはなりますが、「バーチャートレース」の記事が、なぜこんなにもpv数を稼いでいるのか、下記画像をご参照ください。

ちょっと見づらいですが、まず僕のブログの訪問者は、referral(SNS等)からの流入が約5割を占めています。

現状検索エンジンで上位表示されている記事はほとんどないので、referral頼みであるということが分かります。

実は、referralのほぼ全員が、「バーチャートレース」に関する記事を読んでいます。(500pv/月ぐらい)その結果、上記画像のように平均掲載順位が一気に1~5位の間を推移するようになりました。

ちなみにですが、この記事以外はというと、表示回数はあるものの検索順位は20位以降がほとんどです。referral流入によるよく読まれる記事と、読まれない記事の影響がはっきりと分かれています。

上記画像では、「バーチャートレース」と検索した場合の検索順位になりますが、「バーチャートレース 作り方」だと、1位をキープし続けています。

現状YouTubeからの流入がまだまだある状態なので、これが落ち込んできた時の影響は分かりません。しかし、間違いなくアクセス数が検索順位に影響を及ぼすことは分かります。

ブログ初心者は、SNSやYouTubeなどを活用すべき

以上の事から、検索上位に表示されるには”アクセス数”が関わっているということが分かったかと思います。

おそらくこの記事を読んでいる方は、TwitterだったりFacebookなど何かしらのSNSを利用しているかと思います。

また、僕自身もSNSを利用していて理解したことですが、ツイートする時の文章が訪問へと大きく関わっていることも分かりました。「記事を更新しました」だけでは、ファンがいない限り誰も見ないです。

Twitterの特徴として、YouTubeと違って、割と簡単にフォロワーを増やしたり宣伝することができます。

YouTubeだと、インプレッション頼りになってしまうので、時間がかかります。ましてや、視聴者が動画に対して魅力的だと感じない限り、ブログ記事まではたどり着きません。

YouTubeかSNSだとどちらがおすすめかというと、個人的にはSNSですが、ファンが付きやすいのはYouTubeです。顔とか声とかそういった、視覚や聴覚に見える情報のほうが頭に入りやすいです。

・まとめ

  • アクセス数は検索順位に影響する→SNSを活用しよう
  • SNSを利用する際は、記事を読んで貰うための文章を考えよう
  • ファンを付けたいならば、YouTubeがおすすめ

まだできていない人がいれば、今日から実行しましょう!

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】