個人では稼げないジャンルを解説【ブログオワコン説】

ブログ

こんにちは、ムラマコです。

ブログをやっている方は知っていると思いますが、2020年から始まった5Gによって、より「ブログオワコン説」が濃厚になってきました。

もちろん、ブログは稼げなくなったという訳ではありませんが、ブログで食べていくには、以前以上の努力が求められます。

2年前ぐらいから、大物ブロガー達がYouTubeに移動しているのは有名ですよね。トップクラスの人達が、こぞって新しいプラットフォームに行くのは、まさにそういうことです。

さて、今回は、これからブログを始めようと思っている方向けに、「おすすめできないジャンル」「これからブログで稼ぐには」について、お伝えしたいと思います。

目次

  1. ブログオワコン説が濃厚になってきた理由
  2. 稼げないジャンル
  3. これからブログで稼ぐには

1.ブログオワコン説が濃厚になってきた理由

冒頭にも述べましたが、2020年から本格的に始まった5G技術により、ブログから動画へと客足が移動しつつあります。

5Gになると、速度制限の解消や動画の画質やカクカクさを気にすることなく、快適に動画を見ることができます。

さらに、YouTubeを見るとわかりますが、幅広い分野かつ質の高い動画が無料で見れるようになりました。

ブログと動画(YouTube)の特徴

ブログYouTube
特徴文字動画
利用方法検索エンジン検索エンジン/おすすめ
受け手の印象視覚的視覚/聴覚的
メリット文字なので分かりやすい飽きにくい/次々と動画が見れる
デメリット1記事で完結時間が奪われやすい
単調になりやすい集中力が途切れやすい

僕がやっているハウツー系も、すでにYouTubeではたくさん存在しています。このように、”暇つぶし”や”調べ物”をする顧客が、視覚/聴覚的に分かりやすい動画媒体に流れていっています。

さらに5Gが、速度制限や画質の悪さというデメリットを払拭したため、より一層ブログ顧客がYouTubeに流れていきます。

https://markezine.jp/article/detail/32538

上記はインターネット広告市場の推移を表したグラフですが、市場としては伸びが予想されています。さらに言うと、アフィリエイト市場も伸びが予想されています。

では、何でブログオワコン説が濃厚になっているのかと言うと、

  • 動画市場が優位
  • アフィリエイトは大企業が独占

この2つの構図になりつつあるためです。個人が不利になるということです。

2.稼げないジャンル

この項では、大企業参入という視点と、動画媒体の普及の2つの視点から解説します。

大企業参入によって稼げなくなるジャンル

大企業は、広告単価が高い(市場が大きい)ジャンルを標準にします。

  • 金融
  • 資産運用
  • クレジットカード
  • 不動産
  • 恋愛
  • 美容…

枚挙にいとまがありませんが、こういったジャンルの上位表示は企業で埋め尽くされています。ドメインパワーや質/量ともに太刀打ちができません。

価格比較系なんかは、「価格.com」が強すぎます。恋愛系だと、「anan」や「リクルート」などの大手が独占しています。

ここで戦っていくには、そのジャンルでもニッチなキーワードを見つけるしかありません。

動画媒体の普及によって稼げなくなるジャンル

日常系の記事はニーズがなくなります。「○○に行ってみた」「○○について思うこと」「○○してみた」これって、視覚/聴覚の視点で見ると、動画に勝てませんよね。ましてやスクロールするのが手間です。

今では「ルーティン動画」や「Vlog系」のジャンルも確立されているので、これ系で稼ぐのは厳しいと言えます。

ハウツー系なんかも動画に流れつつあります。こちらも同上で、YouTube上にはハウツー系のジャンルが確立されています。

また、動画の特徴として、ラジオ感覚で聞くことができるので、ドライブ中やお風呂に入っている時も聞けます。

このように、どう考えても動画のほうが利便性は高いです。

結論、全体的に下がり傾向になります。

これからブログで稼ぐには

これからブログで稼いでいくには、ニッチなジャンルや競合の少ないキーワードを狙う、SNSやYouTubeと連携した活動が成果と言えます。

もともとブロガーとして活動していた方は、ドメインパワーがあるので一定の収益は発生し続けると言えますが、僕含め初心者にとっては、上記3点、特に他媒体との連携が重要だと言えます。

収益のリスクを分散することができ、かつ相互に集客を行うことができます。たとえ、日記ブログを書いていたとしても、YouTubeでファンができれば、ブログまで足を運んでくれます。

結果的にそれがドメインパワーにもつながります。

両方成功することは、かなりの難易度があるかもしれませんが、逆にこれだけオワコンと言われている中で、どちらか一方で稼ぎ続けるほうがナンセンスだと言えます。

イケハヤさんが言うように、まずは量産が大切だと言えます。その中で、ニッチなジャンルやキーワードを攻めたり、SNS等でも活動を行う。

これが、これからブログで成功するための道です。

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】