【2020年4月】YouTubeで今伸びているジャンルと、芸能人にも勝る2名を紹介

YouTube

こんにちは、ムラマコです。

2020年に入って、芸能人のYouTube参入がより目立つようになりました。

こちらは、「ユーチュラ」という様々なYouTuberのランキングが見れるサイトです。上記画像は、2020年4月の登録者増加数ランキングです。見ての通り、ほとんどが芸能人チャンネルであることが分かります。

先日、「【2020年1~3月】YouTubeチャンネル登録者数増加ランキングTOP15」という動画を作りました。

この動画では、今年の3月31日までに、チャンネル登録者数が何人増えたのかをランキング形式で表現しています。

見ての通り、ほとんどが芸能人で埋め尽くされています。

また、4月のチャンネル登録者増加数ランキングTOP100を、ジャンルごとに分類をしてみました。(参照 ユーチュラ

結果はこのようになりました。細かい分類は避けて、芸能人は芸能人に分類しています。

このことから、芸能人が圧倒的に参入していることが分かります。エンタメ系については、「HIKAKIN」や「はじめしゃちょー」と言った昔から活躍するYouTuberがほとんどです。

芸能人が躍進する中でも伸びている2名のYouTuber

注目したいのが「筋トレ/フィットネス」系で、TOPを芸能人が占める中、「Marina Takewaki」というフィットネス系YouTuberが、唯一TOP10にランクインしています。

在宅でもできる筋トレ/フィットネス系に注目が集まっている中、このチャンネルが見事に2ヶ月で20万人以上も登録者を集めることができました。

エンタメ系の中には「こんびにこ」と言う方が、かなりの伸び率を記録しました。

https://youtu.be/5LmB-V6EPh0

アレクサと漫才のようなやり取りをする動画がバズり、関連する動画を含めて1か月で1,500万回以上も再生されました。登録者数は約15万人も増えています。

もはやYouTubeは芸能人の”場”となるのか

元々知名度がある芸能人の場合、いとも簡単に登録者や再生回数は伸びます。

まだまだ素人でも戦っていける世界だと言えますが、昔に比べるとより差別化が求められるかもしれません。

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】