【絶望】ブログ2か月毎日投稿しても、「1日100pv」が限界な話

ブログ

こんにちは、ムラマコです。

当ブログを運営して2ヶ月が経過しました。「全然伸びねえぞ…」と思いながらも、毎日更新を続ける日々です。

世のブロガーには、「ブログ運営1ヶ月で1万PV達成!」「2ヶ月で6桁収益をあげました!」なんて報告をチラホラ目にします。

「本当にぃ?」と、僕は疑いながらその人たちのブログを見ています。

実際に見てみると、確かにブログの質は高かったりします。(実績はどうであれ)なので、こういった人のブログを見て、真似できるところは真似しっちゃっています。

さて、今回は、僕の運営するブログ「ムラマコブログ」は、どうして「1日100pv」が限界なのか、自分自身を分析していきたいと思います。

もし、僕と同じようにブログを始めたばかりの方で、伸び悩んでいる方がいれば、是非参考にしていただければと思います。

目次

  1. 「1日100pv」が限界という証拠【ブログ 2か月毎日投稿】
  2. Google Search Consoleで見る検索順位の低さ
  3. SNS頼みのpv数
  4. 「1日100pvが限界」から見る課題
  5. 質×毎日投稿は神だった

1.「1日100pv」が限界という証拠【ブログ 2か月毎日投稿】

まずは、こちらの画像をご覧いただければと思います。

これは、「WordPress Poular Posts」というプラグインを使用することで、過去1ヶ月分の毎日の総pv数を確認することができます。(10日にブログのテーマを変えたため、10以前のデータは消えちゃいました。)

ちょっと見づらいですが、15日が頂点であることが分かります。この日のpv数は123で、これが過去一番のpv数でした。

何で伸びたかと言うと、僕の運営しているYouTubeチャンネルがちょっと伸びたので、その流れで何人かがブログに流れ着いたという感じです。

15日以外は平均で50pv前後です。なので、1日100pv(正確には123ですが)が限界だというのが分かったかと思います。

2.Google Search Consoleで見る検索順位の低さ

Googleの規約上どこまで載せてもOKなのか分からなかったので、検索順位だけ公開します。(下記画像)

上の4つを除くと、検索順位は圧倒的に低いです。さらに言うと、上の4つは1つの記事に対しての順位なので、それ以外の記事は…って感じです。

50番目に表示された記事なんて、見る人いませんよね。

3.SNS頼みのpv数

僕のブログは、SNS(YouTube)頼みになっています。

「Site Kit」というプラグインでは、読者がどこから訪問したのかを見ることができます。(全部見づらくてすいません)

これを見ると、referral(他サイトからの訪問)が約半数もあります。他サイトは、YouTubeチャンネルからです。organic(検索エンジンからの訪問)は、約3割しかありません。

一般的なブログでは、organicからの訪問が6割以上が平均だと言われています。そのため、当サイトはorganicに対して弱みがあるということが分かります。

4.「1日100pvが限界」から見る課題

以上の3点から、「ムラマコブログ」が伸び悩んでいる”中身”が分かったかと思います。この3つの分析結果から、課題を推測していきたいと思います。

  • pv数が少ない→pvが取れる記事が書けていない
  • 検索順位が低い→SEO対策ができていない
  • SNS頼みになっている→ちょっと強み/検索エンジンに引っかかる記事を書けていない

無理やりかもしれませんが、課題を考えてみました。それっぽい事を書きましたが、まとめるとブログの稼ぎ方をまだ分かっていないということです。

「だってそんなの分かったら皆苦労しないよ!」

結論、分からないなりにあがき続けようと思います。冒頭にも書きましたが、僕は真似することは得意です。とにかく人気ブロガーの記事をまねたり、「これか?」と思えることを試していって、当たればラッキーです。

5.質×毎日投稿は神だった

そんな初心者の僕から見ると、質×毎日投稿ができているブロガーは、神に見えます。特に僕が参考しているのが

の3方です。すでに3方とも毎日投稿は辞めましたが、当時は、質×毎日投稿でした。たくさんの記事を見たのですが、「これを毎日投稿できるなんて神でしょ…」と愕然しています。

成功者を分析することで、成功への糸口が見えるのでは…と言うのが僕の考えです。また、3者とも「ブログは、まずは量産」と述べています。

要は、量産していく上で質も向上していくということです。でも、ブログ界を見てみると、「1年.2年経っても月間1万pvがやっとだ」と言う方もたくさんいます。

こういった方は、とにかく量産が目的で、「見直し/改善」が弱いのかと思います。いわゆるPDCAってやつです。

インターネットの世界っていつ伸びるのか分からない所がありますが、一つだけ分かることがあります。

質の良いコンテンツだと、間違いなく伸びる“ということです。

一部では「ブログはオワコン」なんて声もありますが、質のいいコンテンツさえ作れていれば、まだまだ伸びる余地はあると考えています。

タイトルには【絶望】と付けましたが、最後は【希望】で締めくくりたいと思います。

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】