【副業】インターネットで働くデメリット10選

副業・働き方

「これからインターネットで副業を始めたいけど、デメリットってなんだろう?」

「素人でもすぐに稼げるのかな?」

今回は、このようなお悩みを抱えている方に「インターネットで働くデメリット10選」を紹介したいと思います。

中には、インターネットのみならず、副業をやるうえでのデメリットも含まれているので、是非覚えておいてくださいね。

【副業】インターネットで働くデメリット10選 目次

  1. 即効性がなく、時間を無駄にする可能性がある
  2. 一定の金額を超えると、会社にばれる
  3. 疲労
  4. アンチとの関わり
  5. 稼げるようになると、本業に影響が出る可能性有
  6. 収入に波がある
  7. 楽をしようとすると、痛い思いをする
  8. 周りの人に知られると…
  9. 知らぬ間に権利侵害
  10. 確定申告

1.即効性がなく、時間を無駄にする可能性がある

はじめの数か月は、収入がほとんどない事を覚悟しましょう。

プログラミングなど、何かしらのスキルがあればランサーズなどのサイトで、すぐに稼げることができます。

しかし、ネットビジネス初心者でスキルが何もないのであれば、まず稼げることは厳しいと言えます。

また、ブログやYouTubeといった、いわゆる資産型労働を考えているのであれば、平均的に半年や1年以上は収入ゼロの可能性があります。

ちなみにですが、秒速で1億を稼ぎたいのであれば、FXや仮想通貨と言った投資ビジネスが選択肢になります。

2.一定の金額を超えると、会社にばれる

年間で20万円以上の収入を得た場合、住民税の関係で会社にばれます。副業NGの会社だと、懲戒をくらうかもしれません。(公務員が副業をして、3か月減給処分なんて例もあります)

これについては、自分で住民税を支払うという方法があります。※条件有

詳しくは、こちらをご参照ください。

3.疲労

副業なので、本業が終わって家に帰ってからも仕事をする形になります。なので、慣れるまでは結構疲れます。

また、モニター画面を見ながらの作業になるので、目が悪くなります。ブルーライトカット機能を使いましょう。

4.アンチとの関わり

一部のジャンルにはなりますが、アンチとの関わりを覚悟しなければいけません。基本的には無視でOKですが、これで気が滅入ったりする方もいます。

中には、炎上商法と言って逆にアンチを利用することもできます。

5.稼げるようになると、本業に影響が出る可能性有

稼げるようになると、本業中でも副業の事が頭に入ります。逆に本業で結果が出せる人もいれば、集中できなくなってしまう人もいます。

特に、副業が本業の収入を超えてしまった場合は、冷静な判断ができない可能性があります。

6.収入に波がある

ネットビジネスは、収入にかなりの波があります。どれぐらいかと言うと、爆発すると、1か月で本業の年収を稼げるぐらいです。(マジです)

しかし、逆に0円なんてこともあります。(投資系だとマイナスも)

「こんだけ稼げるのだったら、仕事を辞めてネットで稼ごう」と思った次の月から、収入が0円になることもありえます。

そのため、少なくとも数か月・数年以上安定して収入が入るようになってから、本業にすることをおすすめします。

7.楽をしようとすると、痛い思いをする

ネットには、「寝ているだけでも稼げる!」「これを買うと、月10万円稼げます」なんて怪しい商材がたくさんあります。

もちろん中には稼げるものもあると言えますが、マルチとかもあるので注意。

他にも、怪しい商材に騙されて、グレーな手法に手を出すかもしれません。(Googleからペナルティーを受けるかも)

8.周りの人に知られると…

周りの人には、副業をしていることは伝えないほうが良いと言えます。なぜなら、稼げるようになると、たかられたり、嫉妬されたり、知らぬ間に色んな人に副業していることが知れ渡ってしまうかもしれません。

特に会社の場合、副業を良しとしない人たちもいるので、そういった人たちまで知られてしまえば面倒です。

9.知らぬ間に権利侵害

サイト運営や発信系のビジネスをやる際、他サイトの文献や著作物を引用する時があります。実は転載・利用NGであるにも関わらず、利用してしまうなんてことがあります。

ただ、インターネットの世界ではそういったことは日常茶飯事なので、全てを監視することは出来ませんが、訴訟を起こされる可能性はあります。

是非、ネットモラルについて勉強してみて下さい。

10.確定申告

副業をすることで、確定申告が必要になります。慣れればすぐにできますが初めの頃は1日以上をつぶす可能性があります。

以上がネットで働くデメリット10選でした。ネット副業はとても魅力的な仕事ですが、事前にデメリットも理解しておきましょう。

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】