【まずはここから】自分への投資3選+貯蓄をしよう

副業・働き方

こんにちは、ムラマコです。

皆さんは「自分への投資」って、今現在何か行っていますか?

資格・美容・ジム…と、投資方法は様々ですが、今回は「これから自己投資を始めたいけど、何が良いのか分からない」という方向けに、僕自身も行っているおすすめの投資方法3選をお伝えします。

また、最後には、僕が貯蓄を勧める理由を併せて書いています。是非最後までご覧くださいませ。

目次

  1. 読書
  2. 資産労働
  3. 興味があることに挑戦しよう
  4. 最後に 貯蓄をしよう!

※当ブログでは、この4つを何度もおすすめしています。それだけ、僕はこれらが重要だと考えています。

1.読書

成功者は、必ず読書を行っていると断言できます。

なぜなら、論理的思考や知識が身につくからです。仕事を行う上で、論理的思考は必須条件です。なくてもいい仕事もありますが、その仕事だと間違いなく成長は出来ません。

上記2つ以外にも、抽象的ではありますが“自己意識”の改善もできます。「ホリエモンから学ぶ幸せな時間の使い方【自分の時間を犠牲にしていないか?】」という記事では、ホリエモンが書いた「時間革命」を読んで、僕は間違いなく時間に対する意識が変わりました。

それまでぼんやりとしていた思考に、この本がはっきりとなるよう、肉付けをしてくれたのです。

とにかく、読書にはたくさんの発見あるということを知ってください。

ただ、そうはいっても、なかなか読書を続けることは難しいかと思います。事実、大学生の頃の僕は、最後まで読み切ることが至難なぐらい、読書が続きませんでした。

もし、そういった方がいるのであれば、別に最後まで読む必要はないです。知りたいところだけ読んで、「はい、次」でOKです。興味がない所を読んでも、頭に入りませんよね。

「まさに求めていた本だ…!」と思えば、嫌でも最後までスラスラと読み終えることができます。

ちなみにですが、おすすめは成功者の自伝書や、好きな有名人が書いたビジネス書です。「この人の頭を覗く」感覚で読んでみましょう。

2.資産労働

資産労働とは、スキルや経験など将来的の自分にプラスとなる労働を指します。

もし、マニュアル化/流れ作業のような単純労働をやっている方がいれば、職を変えるか副業で資産労働を行ってください。

資産労働の例として、

  • 営業
  • マーケティング
  • 開発…

があります。どれも経験値がたまれば、次の職場や起業した時に活かすことができます。

また、インターネットを使った資産労働の例は、

  • ブログ
  • YouTube

などが挙げられます。経験が身につく、かつ資産として継続的に収入を発生することができます。

以上が資産労働の例ですが、ここで質問があります。

もし、あなたが採用担当だとして、単純労働と資産労働を行っている人のどちらに魅力を感じるでしょうか。もちろん、スキルや経験(実績)がある人ですよね。

参考 【0円で始める副業】休日が暇ならYouTubeやブログをやろう!

3.興味があることに挑戦しよう

興味があることがあれば、時間やお金を惜しまずに挑戦しましょう。間違いなく、未来の自分へとプラスになります。

なぜなら、挑戦=経験なので、成果が出れば実績になるし、失敗しても学びや話のネタになるからです。

世の中にいる成功者は、とんとん拍子で成功したわけではありません。自伝書を読むと分かりますが、たくさんの事に挑戦しては失敗しています。その中で、試行錯誤を繰り返し、今のポジションに居るのです。

確かに失敗することは怖いですが、ほとんどの物事は成功しません。失敗したら「次はどうするか」と切り替えていけばOKです。

仮に成功したのであれば、そこまでの過程をSNS等で発信してみましょう。たくさんの人から一目置かれる存在になります。

“興味があること”と書きましたが、読書や海外旅行、起業などなど挑戦できることはたくさんあります。やらない損よりやって損ですよ。

4.最後に 貯蓄をしよう!

これだけ「挑戦しよう!」と言っているのに、「貯蓄って矛盾してない?」と思う方がいるかもしれません。

確かにお金が使えないという意味では、矛盾していると思います。

しかし、逆に貯蓄があるから自己投資に目が向くという人もいます。

考えて欲しいのですが、給料が少ないのに本を買おうと思いますか?そもそも自己投資にまで目が行くのでしょうか。

もちろんそれでも自己投資を行う方は、一定数いると言えます。ただ、今回はその逆の立場にいる人にお伝えしています。

貯蓄(お金の余裕)があれば、心も安定する。心が安定すれば、視野も広る。視野が広がれば、新しい事に興味が湧いてくる…というサイクルです。

個人的に、無駄な固定費をなくしてそこから資金を捻出して欲しいと思います。

結局は自分の意志との戦いです。5年後10年後に苦しい思いをするのか、それとも今頑張って5年後10年後を豊かに暮らしたいのか。答えは当然…ですよね。

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】