「頭が回らない…」時の、リフレッシュ方法3選【原因も考えてみよう】

その他 副業・働き方

「なんだか集中力がもたないな…。作業が全然進まないぞ」

「今日は朝から気分がどんよりしている…なんでだろう?」

こんにちは、ムラマコです。

皆さんも、このような状況に陥った経験があるかと思います。そういう日って、作業効率が悪く、時間を無駄にしがちです。

そこで今回は、僕自身も取り入れている、「リフレッシュする方法」を3つ紹介します。

目次

  1. 運動する
  2. こまめな休憩をとる
  3. 湿度を調整する
  4. 最後に 「頭が回らない」原因を考えよう

見出しにもある通り、意外とシンプルな方法です。でも、この3つを実践すれば、間違いなく頭はリフレッシュされます。

1.運動する

運動するといっても、がっつりしなくてもOKです。「メンタリストのDaiGoさん」もおすすめしている、20分間ウォーキングでリフレッシュできます。

運動によって増える脳内物質には、活動性がアップするノルアドレナリン、意欲や前向き性格、幸福感に関係のあるドーパミン、脳に安定性を作り出すセロトニンなどがあります。

https://www.itmedia.co.jp/makoto/articles/1110/27/news004_2.html

運動をした後って、体は疲れるかもしれないですけど、頭はすっきりしていますよね。まさにリフレッシュなんです。

雨の日で外に出るのが嫌だったら、体幹トレーニングがおすすめです。動作も少なく、かつ体を追い込むことができます。

2.こまめな休憩をとる

タバコ/コーヒー休憩や外に出て太陽の光を浴びる、5分間目を閉じる等自分に合った休憩を取るようにしましょう。

チョコレートを食べるとかもありです。血圧を下げる効果のある「カカオポリフェノール」や、リラックス効果のある「テオブロミン」という成分が含まれています。

ただし、スマホを触り過ぎたり食べ過ぎたりなど、悪影響を与えるような休憩は取らないようにしましょう。

とにかく、色んな方法を試してみて、自分に合った休憩方法を見つけましょう。飽きたらまた別の方法を探せばOKです。

3.湿度を調整する

雨の日の寝起きは、気がどんよりしたり、なかなか布団から出れないなんて経験があるかと思います。

実は、湿度と精神状態には相関性があるという実験データも公表されています。

参照 堤仁美 低湿度環境が在室者の快適性・知的生産性に与える影響に関する研究(2004)

論文には、「湿度が35%以下になると人は乾燥による不快感を感じ、逆に70%を超えると疲れを感じやすくなる」との実験データが述べられています。

つまり、適正な湿度であれば体はだるくならず、集中力が保てやすくなるということです。

加湿器や湿度調整が可能なエアコンを使う、湿度を下げたいのであれば「除湿炭」なんかもあります。除湿炭は100均でも売っているので、僕も買っています。

4.最後に 「頭が回らない」原因を考えよう

以上が「リフレッシュする方法」3選でした。どれも今日から実践できることなので、是非アクションをしてみて下さい。

最後に、「頭が回らない」原因についても考えて頂ければと思います。

脳の構造の話ではなく、「何のせいで頭が回らないんだろう」と、自分の行動や環境などを見直してみることです。

例えばですが、「お酒を飲んだ次の日は」「スマホ/ゲームを触りすぎて」「周りに誘惑のあるものがある」などです。

もちろん全ての問題を取り除くことは出来ませんが、こういった“自ら集中力を下げている行動/環境もあるんだ”ということを考えて頂ければと思います。

上述にある、湿度や長作業による「頭が回らない」であれば、ある意味問題はありません。

こういった、身の回りに意識を向けることで、よりよい生産性を実現できることも、知っておきましょう。

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】