「就職しない生き方」とは。就職を諦めた僕が思う人生

副業・働き方

こんにちは、ムラマコです。

2020年2月に社会人を辞めて、フリーランスとして細々と生活しています。

先日、アベマTVにて「【お金と幸せ】「月に10万くらいで満足」正社員を捨てたUberEats配達員に聞く“幸せの価値感”」という特集が報じられました。

https://youtu.be/ME0bh4g-xdc

田中さん(23)という方が、コロナ禍による経済不安にもかかわらず、仕事を辞めて「UberEats配達員」として働く理由を特集した内容です。

田中さんは、”最低限の幸せ”が得られれば、月10万円の収入であっても問題はないと話しています。

スタジオの反応を見て頂ければと思いますが、やはり受け入れがたい雰囲気が漂っています。個人的には田中さんの生き方に賛成です。

ムラマコも就職しない働き方です

現在は、ブログとYouTubeを中心に「就職しない働き方」をしています。収入は落ち込んでしまいましたが、不思議と充実感があります。時間や人間関係に制限されないことで、自分らしく生きることができました。

僕は社会人を2年で諦めましたが、就職を諦めた理由は3つあります。

  • 昇進する考えが弱い
  • 次に転職を考えたら、個人で稼ぐ
  • 好きなことで稼げると分かった

昇進する考えが弱い=そもそも僕は、かなり意識が低い人物でした。ワークライフバランスの比率で言えば、ワーク1ライフ9ぐらいです。とにかく会社で働くことに嫌気がありました。

また、僕は2年間で1度転職をしています。2社目に入った時、「もし、また転職を考えるようになったら、ずっと転職を繰り返すだろう」と考えていました。というか、絶対します。

そんなに転職ばかりしていれば、逃げ癖や成長ができないと思ったので、「次に転職を考えたら、もう社会人を辞めて個人で稼ごう」との考えに至りました。

「好きなことで稼げると分かった」これのきっかけは、社会人時代1年目に始めたYouTubeです。

当時は趣味程度にやっていたのですが、1年ぐらい続けたある時、気付くと自分の手取りを超えるほどの収入が発生しました。

「まさか趣味で始めたことでこんなに稼げるとは…」と思い、この時ネットビジネスに可能性を感じました。この3つが重なった時、僕は就職を辞めようと決意しました。

就職しない=悪ではない

世の中には、就職しない=だらしない人と捉える人がたくさんいます。

確かに、責任や成長ができない仕事を続けている人は、どこかだらしなく見えたりします。さらに言うと、就職しない組にはこういった人たちの割合は多いと言えます。

しかし、現在では就職をしなくてもサラリーマンの給与を超える収入を得る仕事があるのも事実です。

今僕がやっているブログでも、稼いでいる人は月に数十万~数百万円も収入があります。YouTuberもそうですよね。今では、専業YouTuberなんて人もいます。

「フリーランス」という働き方も社会に定着しつつあります。もちろん、誰でも稼げる仕事ではありませんが、努力次第では可能な仕事です。

昔だと、就職しない人が悪とみられてきたかと言えますが、もはやそれが当たり前になりつつあるのも事実です。

「就職しない生き方」を選択する時に、知って欲しい事

以上の事から、就職をしなくても、幸せな人生を送れるんだということが分かったかと思います。

最後に、これから「就職しない生き方」を選択しようと思っている方に、一つだけ知って欲しいことがあります。

それは、「将来の自分も幸せでいられるか」です。今だけでなく、10年後、20年後の自分を考えて欲しいと思います。

今は自由に暮らしていけたとしても、年を取ると体がガタついて稼ぐことが困難になるかもしれません。これには、生活保護という選択肢もありますが、条件によっては加入ができなかったり、減額なんてリスクもあります。

そういった、”未来の不幸”が訪れないためにも、今のうちに何かしらの資産を貯めていくことをおすすめします。

例えばですが、昼はアルバイトをして夜はブログを書いたり、毎月1万円を投資に回すなどです。小さい事でも積もれば山なので、是非始めてみて下さい。

参考 【まずはここから】自分への投資3選+貯蓄をしよう

人気記事 SNSで400万回以上再生された、バーチャートレースの作り方

人気記事 YouTuberを始めて1年経った結果【登録者数は1万人いるが、生活はできない】